ホームへ


ラスベガス関連の映画を紹介してます。
旅行前に見ると更にラスベガスを楽しく回れるとことでしょう。

Click Here! バグジー
出演: 
ウォーレン・ビーティ
アネット・ベニング
ハーベイ・カイテル
 ラスベガスを作り上げた伝説のマフィアのトゥルーストーリー。彼はただの砂漠を100万人都市に変えるきっかけをつくった人。彼が作ったフラミンゴヒルトンホテルはラスベガスの中央にあるので、映画を見た人は行ってみるとよいでしょう。
デンジャラスビューティー2
出演: 
サンドラ・ブロック
 仕事一筋、色気ゼロのFBI捜査官グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)の活躍を描いたコミカル・アクション映画の第2弾。今回の舞台はラスベガス、ベネチアン、トレジャーアイランドの無料ショーが事件の中心になる。またラスベガスの北にある裁判所がFBIのラスベガス支所として登場している。
Click Here! オーシャンズ11
出演: 
ジョージクルーニー
ブラッドピット
ジュリアロバーツ
アンディガルシア
マッドデイモン
 出所したてのオーシャンが11人の仲間を集めてラスベガスの金庫を襲う映画。この映画は出演者が豪華であるのももちろん、ラスベガスで最高級のベラージオが舞台になってる。映画の中で天井に防犯カメラがたくさんあるシーンがあるが、実際のカジノの天井を見ても同じようにあるのでチェックすると面白い。そしてベラージオの噴水ショーも迫力がある。
Click Here! レインマン
出演: 
ダスティンホフマン
トムクルーズ
 奔放な弟と自閉症の兄との心の交流を描く人間ドラマ。88年アカデミー賞4部門受賞作品。映画の中ではシーザスパレスが登場し、彼らがブラックジャックで大勝ちしカジノを追い出されるが、実際にプロギャンブラーもカジノから追い出されることがあるという。
Click Here! リービングラスベガス
出演: 
ニコラス・ケイジ
エリザベス・シュー
ジュリアン・サンズ
 脚本家のベン(ニコラス・ケイジ)は酒が元で会社をクビになり、妻子も逃げていった。かくして彼は、死ぬまで酒を飲みまくろうと全財産を持ってラスベガスに赴き、町で出会った娼婦サラ(エリザベス・シュー)を部屋に連れ込んむアル中男と娼婦の奇妙な愛の形。実際ラスベガスはアメリカで老後に住む町として人気があるとかないとか。ネオンきらめくストリップの映像が使われている。
ディボースショウ
出演: 
ジョージ・クルーニ
キャサリン・ゼタジョーンズ
 離婚専門のやり手弁護士マッシーは、状況不利だった不動産王の離婚訴訟で、妻マリリンが財産目当てで結婚したことを暴いて勝利。しかし、負けたマリリンは、新しい婚約者をともなってマッシーのもとに。「彼の財産を守る婚前契約書」を作りたいと言うのだ。それが企みだと疑いつつも、マッシーはマリリンの魅力に引きつけられていく…。シーザース・パレスで撮影を行っている。
幸福の条件
出演: 
デミ・ムーア
ロバート・レッドフォード
 結婚7年目のダイアナとデビッドは、不況のため生活が危うくなる。ラスベガスで勝負を試みるが、それも失敗。そこへ億万長者のジョンが現れて、ダイアナを一夜貸せば100万ドル払うと提案する。
   将来への不安に揺れる若夫婦に、裕福な資産家が「失礼な提案」をした。不倫か、それとも愛ゆえの行為か。現代の男女関係に挑発的な問いを投げかけたエロチックなラブストーリー。 ラスベガス・ヒルトンで撮影を行っている。
アメリカン・スウィートハート
出演: 
ジュリア・ロバーツ

キャサリン・ゼタジョーンズ
  人気女優の姉グウェン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の付き人を務めるキキ(ジュリア・ロバーツ)は、グウェンと別居中の夫エディ(ジョン・キューザック)をひそかに想っていた。しかしエディはキキを妹以上の存在としてしかみてくれない…。ラスベガスから車で30分の高級リゾート地レイクラスベガスのハイアットリージェンシーで撮影を行っている。
ラスベガスをやっつけろ
出演: 
ジョニー・デッブ
 映像化は不可能といわれた71年発表のハンター・S・トンプソンの原作を、鬼才テリー・ギリアム監督が見事に映画化した話題作である。
   71年のアメリカ合衆国は、混迷の時代を迎えていた。泥沼化するベトナム戦争、退廃したフラワームーブメント、チャールズ・マンソン事件。かつてのアメリカの象徴だった「アメリカン・ドリーム」などどこへやら…。そんな閉塞した時代の空気に風穴を開けるべく、2人のクレイジーな男が大量のドラッグをキメながら、一路ラスベガスを目指す。
ラスベガス万才
出演: 
エルヴィス・プレスリー
  レーサーのラッキーは、ラスベガスで行われるレースに出るため、ギャンブルで一儲けして新型モーターを購入しようと企むが、やがて美女ラスティをめぐってイタリアのスピード王と恋のさや当てを始めていく。プレスリーは「ヴィヴァ・ラスベガス」など劇中9曲を歌い、演技にも磨きをかけてくれた。ヒロインのアン・マーグレットももちろん歌い踊り、うるわしき若き日の魅力を大いに発散してくれている。

その他タイトルだけ ハネムーン・イン・ラスベガス / カジノ / ベガスバケーション / ショーガール





SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO